真実を写すもの

システム:クトゥルフ神話TRPG GM:crowbar
RPG研究会3回生のcrowbarです。
今回は自分がKPをやったシナリオのレポートを書きます。
新歓期なので新入生が参加しています。

PC紹介
神楽岡亘(29)  PL:W(新入生)
 ジャーナリスト。乗鞍(NPC)の高校の先輩。
 かつて乗鞍の写真の才能に打ちひしがれて写真家の夢を捨てた。
向田健(34)   PL:H
 医者。父親の病院の勤務医をしている。理性的かつ謹厳実直な人物。
佐竹耕司(28)  PL:ぐるぐる眼鏡
 ロックミュージシャン。乗鞍とは芸術性で馬があった。
諸星連也(37)  PL:Si
 エンジニア。神楽岡の同僚で機材の修理などをやっている。
春日野丈範(28) PL:W
 刑事。乗鞍の高校時代の同級生。
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)

終わらない十月

システム:クトゥルフの呼び声 GM:ぼんた

 PC達は洛北大学クレー射撃部に所属する大学生。
 夏休みも終わり後期の授業が始まってしばらくのころ部長から頼みごとをされる。
「会計が部費を持って実家に帰ったまま帰ってこない。このままでは部が立ち行かなくなってしまう。どうにか会計を連れ戻してくれ」
 会計を連れ戻すために彼の実家に向かうPC達。
 しかし、彼の実家はバスが一日に一本しか通らない弩田舎にあったのだ。
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)

発光ダイオードの秘密

システム:クトゥルフの呼び声 GM:岩手

シナリオ紹介の時にGMが一言4〜6時間で終わります。それまでに全滅するだろう。
キャラメの際にPC4は難しいのでGMがPLを指定します。!?
NPCリストとして教授のO保方、現代のベートーヴェンと名高いS村 河内氏
舞台は冥城大学
PC1、4はそこの生徒,PC3はそこの新入生PC2は警官
GMからの一言SANて0でも動けるんですよ。
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)

三つ子はわかってあげない

システム:クトゥルフの呼び声 GM:オグリビー

キャラ作成のときにGMは言いました。
「OPでPC1にはお札が送られて来ます。双子だと2枚送られて来ます。」
こうして、三人のPCが三つ子になりました。
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)

絶海孤島ライフ

システム:クトゥルフの呼び声 KP:ぼんた

2回生のcrowbarです。
今回は新入生歓迎セッションでのレポートです。

探索者紹介
PC1:ユウイチ PL:新入生M
 サバゲーサークルの医学生。東栄島(シナリオの舞台になる)出身。苗字不明。
PC2:明石弘孝 PL:新入生K
 サバゲーサークルの大学生。東栄島出身。岡島清美という彼女がいる。
PC3:淡路暁美 PL:スルメイカ
 サバゲーサークルの大学生。明石に横恋慕している。
PC4:相馬宗明 PL:カラン
 サバゲーサークルOB。IT系。ベンチャーで一山当てた。
PC5:増島総一郎 PL:crowbar
 サバゲーサークルOB。自衛官。マーシャルアーチスト。
 
ある夏の日、ユウイチに母から電話がかかってきた。内容は
「お盆だから帰ってきなさい。それと祭事を手伝ってほしい」というものであった。なんでも10年に1度の祭事が行われるらしい。サバゲーサークルの面々はその話を聞いて、「その島でサバゲーしよう」と言ってついて行くことにした。
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)

バイオハザード in 新潟

クトゥルフの呼び声(一部Secrets of Japan) GM:岩手

1回生のcrowbarです。
「Secrets of Japan(以下SoJ)」は、アメリカで発売されている、現代日本を舞台としてクトゥルフの呼び声をプレイするためのサプリメントです。
今回のシナリオではSoJにある新技能と職業だけを使いました。

PC紹介
PC1 オオシマ・ダイジロウ サラリーマン   PL:crowbar
PC2 ニック・スミス    米軍からの天下り PL:O
   ハイド設定あり
PC3 タカヤマ・マサ    ヤクザ      PL:Popee
PC4 ホンダ・テツジ    サラリーマン   PL:破損
  記憶にない変な夢を見る。内容は橋、手にアザがある人といったもの。
   
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)

眠れる神

クトゥルフの呼び声 GM:岩手


 ある日不吉な夢を見る。それは父親の首が切り落とされ殺されるという夢だった。
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)

死ななかったけれど…

1月12日の阪大さんとの交流の2部でのお話。
システムはクトゥルフ。

簡単なあらすじ
PC1の叔父が何者かに襲われた!
その現場は見るもおぞましい無残な状況である。
そして、叔父が襲われたのには理由があるはずだと調査に乗り出すPC達。
PC達は真実にたどり着けるのだろうか?

うん、まあこんな感じで間違ってはいないはずだ。
それが、どうしてあんな結末になってしまったのだろうか・・・
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)

Farewell, My Sanity.

新入生の三回生のPopeeです。ちょっと意味分かんないですね。私もです。
OF二日目(10/7)一部、KP:将軍のクトゥルフ神話TRPGをプレイしました。

舞台は現代日本であり、「絶望的なコラーゲン不足だな」等の乾いた洒脱な台詞の飛び交うハードボイルドなセッションとなるはずでした。
どうしてこうなった。

長いので下から続きをどうぞ。
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)

死人が蘇ってくる時の傾向と対策

新入生のオグリビーです。まあ初ブログですな。多分OF感想のしんがりかな。

OF二日目一部(10/7)のクトゥルフの呼び声TRPG(GM:岩手)に参加さしてもらったんでその時の感想などを簡単に。

PC達は高校のクラスメイト達とそのクラスの新任教師。ちなみに全員親族。
PC達のクラスは文化祭に向けて自主製作の映画を作っているんだがPC達はそういうのにはあまり興味がない。興味がないってんでうだうだしてるうちに文化祭前日、PC1のオカ研の先輩から電話が入る。たまたま通話ボタンが押されたみたいで呼びかけても返事がない。「寒い…寒い…。おっ、お前は!そんな馬鹿な!おまえはあの時っ!…」とかいってる。どゆこと?みたいなお話。

俺のPCは隠れるしか能がないビビり野郎。つまりいわゆる一般人。
続きを読む>>
感想 > クトゥルフの呼び声 | comments (0)