海の秘宝

システム:ソードワールド2.5 GM:葉月

3月28日一部に行われたSW2.5のセッションレポートです。

PC紹介
PC1::ロアン PL:にかわ
タビット/男/11歳 ライダー・ウォーリーダー・アルケミスト・バード
旅芸人の一座に生まれたタビット。放浪しながら生きることが身に染みついており、まだ行ったことのないところへ行ってみたいという理由で冒険者となった。

PC2:チルミス PL:ぐるぐる眼鏡
フロウライト/男/20歳 プリースト(レパラール)・スカウト・フェアリーテイマー
フロウライトの神官。手先が器用ではないが妖精と神聖魔法に頼って生きてきた。自分と同じ鉱石を探すために遺跡をめぐっている。常に妖精を連れている。

PC3:マーチ PL:怪竜
ダークドワーフ/女/27歳 エンハンサー
地下世界で生まれた鍛冶屋見習いのダークドワーフ。ある時地上からやってきたイケメン冒険者を助けてしまったことで一族を追われ、冒険者になった。アトリには借金をしており、強く出られない。自らの種族を隠しているが、他のPCには明かしている。

PC4:アトリ PL:キノ
人間/女/20歳 コンジャラー・レンジャー
友達がおらず、ゴーレムが友達な人間。コンジャラーの師匠が行方不明になってしまったところを今のパーティーに拾われた。何でも言うことを聞くのが友達だと思っているため、友達の概念がおかしい。

NPC:リリー 
レプラカーンのセージ。今回の依頼人。
続きを読む>>
セッションレポート > ソード・ワールド | comments (0)

狂将校の行軍

システム:ソード・ワールド2.5 GM:tomita

阪大交流レポート

1/11の阪大交流二部に行われたSW2.5のセッションのレポートです。
※一部に暴力的な発言が含まれます。


・あらすじ
度々、町を襲う蛮族軍団「ダイラス狂軍」。そのリーダー、ダイラスはその残忍さから恐れられていた。PC達は彼の討伐を依頼される。


PC紹介
PC1:フレイア (ナイトメア/女/21歳) PL:阪大Yさん
ナイトメアの戦士。ナイトメアだったので迫害され、自分には生きている意味がないと思って自殺しようとしていたところをマリアに救われ、冒険者となった。


PC2:メイシア (人間/女/20歳) PL:阪大Kさん
人間の射手。蛮族によって故郷を滅ぼされ、両親と離れ離れになった。現在は3人の妹を養うため冒険者として働いている。


PC3:マリア (メリア(長命種)/女/66歳) PL:京大Cさん
見た目は25歳ぐらいの操霊術師。ある国の姫だったが人間と駆け落ちし、先に死なれてしまい、現在は国の追っ手から逃れるため、一人立ちするために冒険者をやっている。


PC4:アマリリス (ティエンス/女/12歳) PL:阪大Oさん
見た目は16歳ぐらいの騎手だが、コールドスリープ前の記憶はない。魔神を倒す騎士に憧れて冒険者になった。
「お願いします!私強くなります!魔神を倒せるように!」
続きを読む>>
セッションレポート > ソード・ワールド | comments (0)

ばらの騎士

システム:ソードワールド完全版 GM Iさん

一回生のしろあくです。OFの2日目レポート担当になったので
シナリオのレポートをしてみたいと思います


PCたちは「銀のバラ」を採取する簡単な依頼を達成するだけだったが…。
元ネタはリヒャルド・シュトラウスのオペラ「ばらの騎士」らしいです。
グットでホットな冒険者を希望していましたが…果たして
続きを読む>>
セッションレポート > ソード・ワールド | comments (0)

鬼になった桃太郎

ソード・ワールド GM:スルメイカ

RPG技術向上期間、虎の穴。
その一環として、一回生だけを集めたセッションが開催された。GMの立てていた目標は「PLに頼らずにセッションを進める。」
何事もなく終わるのか?もちろん、そんなことは無かった!
続きを読む>>
セッションレポート > ソード・ワールド | comments (1)

お花畑とアンデッド。

5月14日 3部 システム:ソードワールド GM:新入生君

新歓コンパ終了後、シナリオ・マルチ(ロック)・カラオケに分かれる。
ふむー。1部出られなかった以上は、シナリオでしょ!(酔ってる)
しかも今年の新入生はやる気満々。
なんと2人もGMをしてくれるというのだ! やらずばなるまい!
さあ、我らがソードワールド卓の説明を聞こうか。

GM「舞台はオーファン、ヤスガルン山脈麓の中くらいの街」
「商人の娘を護衛する話です」
「PCは3-4レベル。生まれ表+9000点で」

うんうん。

GM「なお、戦闘は約11回を予定しているので。」

な、なにいいっっっ!!!???

**
続きを読む>>
セッションレポート > ソード・ワールド | comments (0)